英語-be about to do「…するところだ」の否定は「するつもりはない」

[弱点!]be not about to do「するつもりはない」は否定の意思が強い表現ですね


👨be about to doは何かをする直前のような瞬間を表していますけど、be not about to doは主語の強い否定の意思を表している。
📑単語の意味

    • be about to do「~するところだ」
    • be not about to do「~するつもりはない」

📖例文

  • When I was about to leave the office, our team leader asked me the outcome of an experiment.「会社を出ようとしたとき、リーダーに実験結果について尋ねられた。 」 💡When I was about toまで一息で言っちゃいましょう!💡the outcome of an experiment「実験結果」
  • When I was about to give up, I found her! 「あきらめかけていた時彼女を見つけたのさ」💡When I was about toまで一息で言っちゃいましょう!
  • He is about to see his girlfriend for the first time in two years. 「彼は2年ぶりに彼女に会うところだ」💡for the first time in two years「二年ぶり」
  • They are not about to return to the negotiating table.「彼らは協議のテーブルに戻るつもりはない」💡
  • I‘m not about to say the news is wrong.「私はそのニュースが間違っているというつもりはない」

👉過去の投稿「didn’t mean to do」するつもりはなかったへリンク🔗

👉過去のブログ一覧、当ブログのIndexのリンクです。🔗

「英語-be about to do「…するところだ」の否定は「するつもりはない」」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です