英語-「第五文型のmake」と「使役のmake」は間違いやすい

[文法]SVOCの形のmakeと使役のmake


😏「第五文型のmake」と「使役のmake」が整理できず、もやもやした状態を続けていると、必要な時にいつも躓きます。
そのような時期を早く終わらせたいものです。
📌第五文型の復習:S + Vt + O + C [S:主語、Vt:他動詞、O:目的語、C:補語 ※C補語は名詞や形容詞]でしたね。💡ポイントは、O(目的語)とC(補語)はイコールの関係である。👉「五文型⑤」過去の投稿へリンク🔗
📌第五文型(S + Vt + O + C)のmakeの例、Her cookies make me happy.「彼女のクッキーは私を幸せにする」💡第五文型なのでOとC、meとhappyがイコールの関係になってます。me=happy。👉「makeの用法①」過去の投稿へリンク🔗
📌使役のmakeの用法は、make someone do something「人に~させる」※doはtoを付けずに原型動詞。👉「使役で言いたい③make」過去の投稿へリンク🔗

(下の例文は過去に投稿したものから持ってきました。)

📖「第五文型のmake」例文

  • I used to go to Häagen-Dazs with my family because Ice cream makes me happy.「アイスクリームは私を幸せにするので、ハーゲンダッツに家族とよく行ったものです。」💡used to doの使用時の注意は👉過去の投稿[単純な過去形とused to do]へリンク🔗
  • The death of a pet will make you sad.「ペットの死はあなたを悲しませるだろう」
  • Do I make myself clear?「私の言ったことがわかったのか」💡これは有名な要注意表現ですね。話者が自身の威厳を強調したいときの言い方です。言われる側は嫌な気持ちになるでしょう。💡ここでのclearは形容詞です。もし他動詞だとすると使役になって、Someone made me clear something.のような文章になるかと思います。

📖「使役のmake」例文

  • We have to make them realize the relative merits of this contract. 「この契約の相互メリットについて彼らに理解させなければならない」
  • The company made us work over the weekend.「会社は、俺たちを週末をとおしてはたらかせた。」
  • I was made to eat my words. 「私は自分の過ちを認めさせたれた」※eat one’s words「自分の過ちを認める」 ※makeが受動態になったときにはto doになる
  • I was made to fill out a report. 「私は報告書に記入させられた。」
  • He made my wish come true.「彼は私の願いをかなえてくれた」

👉過去のブログ一覧、当ブログのIndexのリンクです。SSL🔗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です