英語-「と関係がある」

[文法]have to do with


😏have to doは「…しなければならない」という訳になりますが、お尻にwithが付くと注意が必要になります。「(主語がwith以下)と関係がある」という意味になる場合が多々あります。
過去に「とは関係ない」というタイトルで投稿しましたが、have nothing to do with…「…とは関係ない」という文章がありました。👉過去の投稿[…とは関係ない]へリンク🔗
上記の言い方を肯定文「…と関係がある」にするとhave something to do with…となります。
have something to do with…からsomethingを省略した言い方がhave to do with…となります。
(否定の文のhave nothing to do with…からnothingを省略する場合は、don’t have to do with…となります。)

📖例文

    • What does that country’s GDP have to do with our country’s industry?「あの国のGDPがどのようにわが国の産業に関係しているのですか?」💡haveの後ろにsomethingが隠れていると考えると正しく意味が取れると思います。
    • What does that have to do with anything?「それが何だってんだ。(それが何かに関係あるのか?)」💡haveの後ろにsomethingが隠れていると考えると正しく意味が取れると思います。
    • Most likely he has to do with the bribery case.「おそらく、彼は贈賄事件に関係している。」💡haveの後ろにsomethingが隠れていると考えると正しく意味が取れると思います。
    • It doesn’t have to do with this issue.「これはこの問題には関係ありません」💡これはhaveの後ろにnothingが隠れていると考えると正しく意味が取れる例。
    • Does it have to do with this issue?「この問題と関係がありますか?」💡上の例文を疑問文にするとこのようになります。

👉過去のブログ一覧、当ブログのIndexのリンクです。SSL🔗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です