英語-persuadeとconvinceの違い

[類義語]persuade,convince「説得する、納得させる」


👨この違いは難しいです。
persuadeは相手に何かを行動(to do/not to do)するように説得することで、convinceは真実を完全に納得させること
persuadeは相手に何らかの行動をとらせることが目的の説得である場合が多いのに対して、convinceの文にto doがあったとしても目的は相手を完全に納得させること

📑単語の意味

  • persuade[pɚswéɪd]【他】説得する💡persuade someone to do「…するよう説得する」
  • convince[kənvíns]【他】納得させる💡腑に落ちさせる💡後ろにthat節やof+名詞を伴うことが多い

📖例文

  • I will persuade my son to eat salad.「息子にサラダを食べるように説得します。」💡自然な言い方です
  • I will convince my son to eat salad.「息子にサラダを食べるように納得させます。」💡相手が息子なら完全に納得させサラダを食べさせることも可能でしょうからconvinceは不自然ではないと思います。
  • I persuaded my son to eat salad.「息子にサラダを食べるように説得しました。」💡結果的に説得しただけで、息子はこの先もサラダを食べないかもしれない
  • I convinced my son to eat salad.「息子にサラダを食べるように納得させた。」💡結果的に息子に完全に納得させた。息子はサラダを食べる
  • I tried to persuade him not to go.「私は彼に行かないよう説得を試みた。」💡結果的に彼は行ってしまったかもしれない
  • My parents convinced me to go into biomedical engineering.「親は医工学に進むように私に納得させた」💡結果的に医工学に進む(進んだ)
  • My wife convinced me to see a doctor about my frequent headaches.「嫁は私の頻繁な頭痛を医者に診てもらうよう私に納得させた」💡結果的に医者に行く(行った)

👉過去の関連する過去の投稿「convince/concede/convict」へリンク🔗

👉過去のブログ一覧、当ブログのIndexのリンクです。SSL🔗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です