英語-literallyの二つの訳

[文法]文字通りに,マジ


👨副詞literallyの二つの訳。大きく2つの訳があり、1.文字通りに、2.マジ(日常会話で)。例えは悪いですが下記のような差がありますので。使う場面に注意。
1.「文字通りに死んだ」=本当に死んだ、2.「マジ死んだ」=死んでない。

現役世代は日常的に「マジ」をよく使っているので、(注意点を理解したうえで)マジ=literallyで覚えた方が英会話中にすぐに頭に浮かぶのでよいのではないかと思います。
※曖昧な表現だと思いますので、状況により聞き直すことが大切だと思います。

📑単語の意味

  • literally[líṭərəli]【副詞】文字通りに、逐語的に、本当に、まったく💡口語で「マジ!」という訳がよく合う場面が多い。💡過去に投稿した「逐語的に」は下の方にリンクします。

📖例文

  • I’ll be back in literally 3 hours.「本当に3時間で帰るからね」
  • I literally died of embarrassment.「恥ずかしくてマジ死んだ」💡embarrassment「気まずさ、当惑」
  • I will literally die from doing too much homework.「宿題のやりすぎでマジ死ぬよ」
  • I literally almost got lost in the building.「ビルの中でマジでほぼ迷子だったよ」💡「lose/loose/loosen/loss」どれを使うかわからない人は下の方に過去の投稿をリンクします。

👉過去の投稿[word for word「一語一句、逐語的に」]へリンク🔗

👉過去の投稿[lose/loose/loosen/loss]へリンク🔗

👉過去のブログ一覧、当ブログのIndexのリンクです。SSL🔗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です