英語-have to doとneed to doの違い

[類義語]have to do, need to do


👨have to doとneed to doの違いのイメージは、
have to doは「外的要因でやらなければならない」すこしネガティブなイメージ、
need to doは「自発的に必要性を感じてやる」ポジティブなイメージ。

📖例文

  • I need to study English to get a good position in the company.「私は会社で良い地位に就くために英語を勉強する必要がある。」
  • I need to build a good relationship with my colleagues to reach daily targets.「私は日々の目標を達成するために同僚たちと良い関係を築く必要がある。」
  • I need to make amends.「償わなければならない。」💡amends[əméndz]【名】償い💡make amends「埋め合わせをする、償う」
  • I’m the one who needs to make amends, not you.「私は償うことが必要な人間なんです、あなたじゃない。」
  • The great advantage of the young generation is that they haven’t had to adapt to Web technology because they were growing up with it.「若い世代の大きなアドバンテージはウェブテクノロジーに適合する必要が無かったことだ、なぜなら彼らはそれと共に育ってきたのだから」
  • He hasn’t had to change himself to suit others.「彼は他の者たちに合わせるために変わる必要が無かった」

😏would have to doで「することが必要だろう」I‘d have to roll a 13 or higher.「サイコロで13以上の目を出すことが必要だろう。」💡roll「サイコロをふる」roll a 13 or higherで「サイコロで13以上の目を出す」※例文はStranger’s thingsより出展。

👉過去のブログ一覧、当ブログのIndexのリンクです。SSL🔗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です