英語-Balance sheet「貸借対照表」

[経済関係の単語]Balance sheet,Profit and Loss Statement,Cash flow statement


👨英語を通じて様々な知識を吸収していきましょう。経済関係に関係ない人も一度は頭に入れた方がいいですよ。役に立つ日は突然来るのですから。
以下の情報は会社の現状を知るうえで重要なアイテム3つです。いわゆる財務三表です。
Balance sheet「貸借対照表」、Profit and Loss Statement「損益計算書」、Cash flow statement「キャッシュフロー計算書」
一度に3つも詰め込めないので、今日は貸借対照表=balance sheetに関係する単語たちを覚えます。

📌Annual Reports (Form 10-K)]「日本の有価証券報告書に近い」財務三表はItem 8. Financial Statements and Supplementary Dataの中に記載されています。


📑単語の意味

  • Balance sheet「貸借対照表」
  • Profit and Loss Statement「損益計算書」
  • Cash flow statement「キャッシュフロー計算書」
  • liability[lὰɪəbíləṭi]【不可算名詞】責任、義務【可算名詞】責任、不利💡liabilities「負債」可算名詞の特に複数形でこの意味
  • equity[ékwəṭi]【不可算名詞】公平、株、資本💡返済する必要のない純資産です
  • asset[ˈæset]【可算名詞】資産💡assets「(個人、会社の)資産」可算名詞の特に複数形でこの意味

📖例文

  • According to the last reported balance sheet, that company had liabilities of $10b due within 12 months, and liabilities of $20b due beyond 12 months.「最後の貸借対照表のレポートによればその会社は12か月以内に期限を迎える負債が100億ドル、12か月以上先に期限を迎える負債が200億ドルあった。」💡liabilitiesは複数形なので負債の意味ですね。
  • They should raise new equity capital at a low price.「彼らは新たな資本を増やす必要がある(株価を下げて)」💡Stock dilution「株式の希釈化」というやつですね
  • Current assets can help you determine the financial health of a business.「流動資産はビジネスの経済的健全を判断する助けになるでしょう」💡(流動資産÷流動負債)*100でその会社の健全性がわかります。(current assets÷current liabilities)*100で、100%超えていなければやばい状況ってこと(テスラのように強みのある会社は別として)。

👉Cash flow statement「キャッシュフロー計算書」へリンク🔗

👉Profit and Loss Statement「損益計算書」へリンク🔗

👉過去のブログ一覧、当ブログのIndexのリンクです。SSL🔗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です