英語-addressの使い方

addressの使い方3つ

👨addressの使い方まとめます。

Word 使い方
address① = speak to…「話をする」
address② = deal with…「対処する」
address③ = direct「質問・意見を向ける」

👨他の投稿から他の例も下の方にリンクします。

📖例文

  1. He addressed the audience with the internet. 「彼はインタネットを使って聴衆にスピーチした」
  2. We will address your accident as quickly as possible. 「貴方のアクシデントにすぐ対処します」
  3. Please address questions or comments to my secretary. 「質問やコメントは秘書までお願いします」

👉過去の投稿[なんとお呼びすればよろしいですか?]へリンク🔗

👉過去のブログ一覧、当ブログのIndexのリンクです。SSL🔗

「英語-addressの使い方」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です