英語-前置詞のつかない曜日

[文法]next Sunday,this Sunday,last Sunday,every Sunday,today,tomorrow,yesterday


👨曜日を文中に入れるときは普通は動詞を修飾する副詞の役割として入れるので、[前置詞+曜日=副詞句]の形になりますが、副詞句のように使うのに前置詞を省略する場合が多々あります。
(参考:「from A to Bの形は副詞句として使い、名詞句のときはfromは不要」とうことからも前置詞句=副詞句の関係がわかりますよね。)

📑前置詞を省略できる曜日の代表例(他にもあると思います)

  • next Sunday「来週の日曜」💡nextが付く曜日
  • this Sunday「今週の日曜」= on Sunday
  • last Sunday「先週の日曜」💡lastが付く曜日
  • every Sunday「毎週日曜」💡everyが付く曜日
  • yesterday「昨日」
  • today「今日」
  • tomorrow「明日」
  • earlier today「本日これまでに」💡早朝のことではありません。本日の今までのこと(=今日の出来事)を話すときに使う。
  • early today「本日の早い時間に」💡早朝のこと、あるいはいつもに比べて何かが今日は早い
  • earlier this week「今週これまでに」💡今週の今までのこと(=今週の出来事)を話すときに使う。
  • early this week「今週の早い日に」💡週明け早々に
  • one day「ある日」💡one dayはsomedayより強い可能性のある「いつか」のこと
  • later today「のちほど(今日中の)」
  • その他、口語、友達間で使う時、等で省略の傾向あり

📖例文

  • The winter sale will start next Thursday.「来週の日曜、ウィンターセールが始まる」💡nextが付いたら前置詞不要
  • The seasonal market will open this Sunday.「季節の市場が今週の日曜にオープンします」💡thisが付いたら今週のこと、前置詞不要
  • I saw that movie last Sunday.「私はその映画を先週の日曜に見ました」💡lastが付いたら前置詞不要
  • Several members of the congregation come and worship in the church every Sunday.「会衆の何人かは毎日曜日に礼拝のために教会に来る」💡everyが付いたら前置詞不要
  • We saw him yesterday.「昨日彼に会いました」💡昨日、今日、明日は前置詞不要
  • They lost the game today.「彼らは今日試合に負けました」💡昨日、今日、明日は前置詞不要
  • Temperatures will be rather hot today.「今日の気温はかなり高くなるでしょう」💡昨日、今日、明日は前置詞不要
  • According to the company, the task force has completed its work earlier today.「会社によれば、本日タスクフォースは仕事を終えた」💡今日の出来事
  • Good morning. You’re early today, aren’t you?「おはよう。今日は早いね」💡本当に早朝かあるいはいつもより早いだけかは状況によります。
  • The missing boy was found safe earlier this week.「今週、行方不明の男の子が無事見つかった」💡今週の出来事
  • The weather is expected to be warm and windy early this week.「週明け早々、暖かく風が強いでしょう。」💡天気予報によく使われています。
  • One day you’ll be fluent.「あなたは必ずいつか流暢になりますよ」💡英語の先生が必ず言うフレーズです。
  • I’ll send you the report later today.「そのレポートを後程、本日中に送ります」💡こんな言い方よくしますね

👉過去のブログ一覧、当ブログのIndexのリンクです。SSL🔗

「英語-前置詞のつかない曜日」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です