英語-スケジュールに対し早い遅いを整理

スケジュールに対し早い遅いをビジュアル化

👨なかなか頭に定着しないので表にして理解を深めようと思います。
予定を早めたいあるいは遅らせたいというときは動詞、予定に対して早いよ、遅いよと言いたいときは副詞。ahead of …といういい方は副詞の慣用句です。

📖例文

  • Let’s get started a little ahead of time.「少し早めに始めましょう」
  • Is it possible to move up my time slot?「私の時間枠を早めることは可能でしょうか?」
  • Could I delay the starting time of my next class?「次のクラスの開始を遅らせられますか?」
  • I’m very sorry. It’s running about ten minutes behind schedule. 「申し訳ありません、予定よりも10分遅れています。 」
  • We are running 15 minutes ahead of schedule. 「予定より15分先行しています。 」
  • Japan is 7 hours ahead of Germany. 「日本はドイツより7時間進んでいます 」
  • Permafrost at the arctic is thawing 70 years ahead of prediction.「北極地方の永久凍土は予測よりも70年早く解けている」💡thaw【自/他】解ける/解かす💡permafrost【不可算】永久凍土層💡arctic「北極地方の」、The arctic「北極(地方)」
  • It’s on schedule. Everything’s going as planned.「予定通り。すべてプランの通り進んでる」

👉過去のブログ一覧、当ブログのIndexのリンクです。SSL🔗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です