英語-まるで…のように

[苦手な表現]as ifを使った仮定


👨ホームオフィスとしていると「会社にいるのと同じように働けますよ」という話題が出ます。現実は会社にいないで働いていますので仮定法で表現しなければなりません。

📑単語の意味

  • as if「まるで…のように」💡仮定法なので、現在の仮定(事実と違うこと)は過去形で表現。(ですが会話においては現在形で話しても成り立ちます。)

📖例文

  • As long as you have a good internet connection, you can keep in contact as if you were in the office.「あなたが良いインターネット通信をお持ちでしたら、まるでオフィスにいるかのようにコンタクトし続けられますよ。」💡現在の仮定(事実と違うこと)は過去形で表現
  • He explained it as if he had been here.「彼はまるでここに居たかのように、それを説明した。」💡過去の仮定(事実と違うこと)は過去完了形で表現。
  • I can accomplish everything at home as if I were in the office. 「私はまるでオフィスにいるかのように家で仕事を完成できます。」💡現在の仮定(事実と違うこと)は過去形で表現💡なぜwasじゃなくてwereなのかは今のところ分かりません。(絶対にありえないこと、例えば「もし僕が君なら」if I were youとwereを使うのはきまりですが)

👉過去のブログ一覧、当ブログのIndexのリンクです。SSL🔗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です