英語‐譲許的な(=協議し合意した)

[金銭関係に使われる単語]concessional


👨concessionalは仕事上で使う可能性の高い単語だと思います。経済関連のニュースなどを見ていても時々登場する単語です。例えば、貿易関税においてWTO(World Trade Organization)加盟国間では一定率以上の関税を課さないようにするため「譲許関税率」concessional tax rateで取引が行われる。また、貸し付けなどが行われるときも協議合意した「譲許的金利」concessional rateとなることは多いでしょう。名詞のconcessionは過去に投稿してますので下にリンクしておきます。

📑単語の意味

  • concessional[kʌˈnsɛʃʌnʌl]【形】譲与的な、譲許的な(=協議し合意した)

📖例文

    • The government has proposed the concessional rate for that country.「政府はその国に譲許的金利を提案した」
    • They suggested that the concessional tax rate should apply more broadly.「彼らは譲許税率がもっと広く適用されるべきだと言っている」💡suggest【他】提案する

👉過去の投稿[concessionの意味]へリンク🔗

👉過去のブログ一覧、当ブログのIndexのリンクです。SSL🔗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です