英語-AというよりはむしろB

[類似表現・意味が似ている]not so much A as B,more B than A


👨[AというよりはむしろB]という言い方2つ。

📑単語の意味

  • not so much A as B「AというよりはむしろB」
  • more B than A「AというよりはむしろB」

📖例文

  • He is not so much clever as creative. 「彼女は賢いというよりクリエイティブだ」
  • She is not so much an engineer as a TV star. 「彼女はエンジニアというよりテレビスターだ」💡名詞の前に冠詞を忘れないで。
  • He is more a genius than a creative type. 「彼はクリエイティブなタイプというより天才なのだ」
  • he is more an administrator than an engineer.「彼はエンジニアというより管理者なのだ」

👉過去のブログ一覧、当ブログのIndexのリンクです。SSL🔗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です